忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲーム音楽がオーケストラコンサートというのはなかなか珍しいことだが、世界各地で興行するのはファイナルファンタジー(以下、FF)が初めてなのではないだろうか。

Distant Worlds music from FINAL FANTASY Returning home [DVD]

これは昨年11月に行われた日本凱旋公演のライブ映像を収録したファンにはたまらないDVDだ。元々私はFFの曲が好きで、CDもほとんど持っている。それらの曲がフルオーケストラになるのだから、非常に楽しみにしていた。行けるものなら聴きに行きたいとさえ思うほどに……まあ無理なんだけど。

”片翼の天使”に始まり、歴代の名曲達が様々なアレンジで演奏されていく。世界的に有名な(私は知らないが)アーティストを交えての演奏は心を揺さぶり圧倒されてしまった。そして、ベンヤミン・ヌスによる”闘う者達”ピアノ独奏は聴き終わった後もその音色がしばらく頭から離れなかった。RPGの戦闘曲がこうも化ける物なのかと驚きを隠せない。アレンジ一つで世界がどんどん広がっていくのは、やはりオーケストラならでは。最近では当たり前のようにゲームで使われてるが、使いたくなる理由が分かる気がする。

FF好きにはぜひ薦めたい一品だ。

PR
コ、コントローラが2コンに挿さっている。なぜだ?

というわけで、PS2は壊れてなかったのだ。にしてもいつの間に……。誰かの嫌がらせか、何かの拍子で抜けて知らない人が間違えて挿したのか。何度も言うが寝たきりだから配線を自分の目では確認できない。以前は問題なく、2ヶ月間本体を1センチたりとも動かしてないのに。まあ、はた迷惑ではあるが、ネタを供給してもらえたから厳しくは言えないな。どちらにしろ壊れてなくて良かった。

というわけで、これからも堕落人生を突き進む。
プレイステーション2が壊れた。たぶんコントローラが……いやそう思いたいだけなんだけど。

2ヶ月ぶりにゲームをしたのだが、操作が全く受け付けなくなり、延々と一時間ほどムービーを見続ける結果となったのだ。やっぱりコントローラだよね。何せ寝たきりなもので、自分では調べられない。もし本体が壊れていたら大変だ。ただでさえお金がないのに一太郎を注文したし、その上ゲーム機もとなれば裏金……もとい、へそくりを全額はたかねばならない。そこまでして必要なのかと。あ、でも、あのコントローラってまだ売ってたっけ。LiLiCONって奴。どちらにしろ大問題のようだ。

ああ……ゲームよ、さらば……(いっそのことPS3を買うか?)

苦節半年、プレイ時間30時間、プレイ中のゲーム「ワイルドアームズ3」を断念することになった。このゲーム、謎解きが多くてなかなかやりごたえがあるのだが、そのおかげで何度も壁にぶち当たった。そのたびに何とか乗り越えてきたのだが、ついにクリア不可能な問題に直面することとなった。10秒間に10個のボタンを押すという何とも簡単なことなのだが、私のような病気の人間にとっては非常に難しい。はっきり言って無理。誰か代わりにしてくれないかなと思いつつ、あきらめることに。

クライマックス間近でこれからの展開が気になるところなので感想の言いようがないが、とりあえず紹介を。ワイルドアームズは銃を片手に荒野を駆ける西部劇のような雰囲気のゲーム。私欲のために世界を作り替えようとする敵を、半ば巻き込まれるようにして止めに入るのだが、実は仲間の四人は大きく関わりがあり、世界を救う(?)話。主人公の一人、ヴァージニアはなんだか大げさなセリフが多い変な奴。性格がおかしいわけではないけど、脚本が変なのかな、世界観に合わない気がする。ストーリーはシンプルで分かりやすく、すんなり引き込まれる。結構面白かっただけに残念だ。

さて、次は何のゲームをしようかな。

今までグランディア1・2・3とプレイしたが、この作品が一番面白かった。プレイ時間が34時間と短く感じるが、話のテンポが実に絶妙だ。ストーリーに飽きが無く、常に先が気になる良作と言えよう。

主人公のリュードはジオハウンド(何でも屋みたいなの)で、仕事の依頼でエレナと出会う。リュードは女嫌い、エレナはジオハウンド嫌い、ともの凄く相性の悪い2人の出会い。エレナの護衛でグラナス教の総本山に向かうことになるのだが。

リュードの(ひねくれた)優しさに触れ、エレナは惹かれていく。そんな2人の間にミレーニアが割ってはいる。ミレーニアは素直にリュードに気持ちをぶつけるが、ある理由から彼女を毛嫌いするエレナはそれが気に入らないようで……。

旅を続けていく中、リュードは2人の女性に惹かれていく。とても大切な人だと感じるようになる。いわゆる三角関係の始まりだ。ミレーニアが、リュードが、エレナが……全世界の人々が、自分たちにとって大切なのは何か気付く。そして、最後の敵を倒し、2人の女性のどちらを選ぶのかという瀬戸際に立たされるリュード。その答えは……。

リュードは本当に愛されてるなと思う。でも、それに甘えてはっきりしないのは罪だ。占いで女難の相があると言われたが、その原因は優柔不断のリュードにあったようだ。

2人とも離れる前にはっきりしろよ!

ゲームを終わって最初の感想はそれだ。ストーリーは非常にいいが、主人公の個人的な将来が心配な結末であった。

HOMENext ≫
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
やっちん
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1981/01/19
趣味:
アニメ鑑賞 ゲーム 読書
自己紹介:
難病筋ジストロフィーを病気に持ち、専門病院で療養している。というと可哀想に聞こえるが、テレビやパソコンを自由に出来るため、楽しく生活している。そのため、趣味に事欠かない。
体力的、機能的に制限があるので本当の自由とは言えないが。
フリーエリア
最新コメント
[03/02 タムタム]
[10/29 やっちん]
[10/27 でばねずみ]
[06/23 サメ]
[06/03 サメ]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) やっちんの生息日記 All Rights Reserved