忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月期はロボットアニメが熱かった。熱いとはいえ、熱血物ではないが。ヴァルブレイブもガルガンティアもMJPもそれぞれに特色があり、見応えのある作品ばかりだ。

今期最大の話題作といえば、進撃の巨人だろう。グロテスクなのは苦手なので個人的には評価は低いが、ストーリーは深くてよく練られていると思う。ただ一つ言えるのは、実写化はまずくないか?

ラブコメスキーな私にとっての一番は、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」だろう。色々と痛い部分があるし、八幡の発言の数々は呆れたり頷いたり時々胸に突き刺さったりとハラハラさせられる。それでも引きつけられるのは、八幡が本当は優しい人間だからだ。まあ、ひねくれてるから本人は認めないだろうが。

他には超電磁砲、変態王子、デビルサバイバー2、俺妹、ハヤテ、アラタ、ゆゆ式、はたらく魔王さま!、デート・ア・ライブとお気に入り作品が非常に多かった。こうやって幅広い作品が見られるのはいつまでだろうか。業界が萎縮しなければいいが。

7月からも楽しみな作品は多い。特に期待しているのが「物語シリーズ」だ。勢いで書いた匂いがぷんぷんする物語達がどう映像化されるのか期待大だ。
PR
本当は更新する内容があるのにサボリ続ける私。時期を逃せば書けなくなる物ばかりなので、結果的に空白だけが増えていくのだ。そんなわけで、新しいアニメが始まる前に1月期を振り返ることに。

今回はお気に入りの作品が多くて1つに絞るのは難しい。そういうときはオリジナルを優先すべきだろう。

まずは、一応はSFなのだろう「ビビットレッド・オペレーション」だ。魔法少女を彷彿とさせる演出ばかりだが、その全てを科学で行っている。変身とかマスコット(?)とか。戦闘シーンも爆発だらけで爽快感もある。でも、一番のウリは女の子達の友情だろう。本当のマスコットがももだと思うのは気のせいだろうか。

次に、「たまこ・まーけっと」が面白い。喋る鳥とかしゃべるトリとかシャベルトリトカ……いやいや、それ以外にも色々あるんだよ? たまこ一家とか商店街とか友達とか。でもさ、ギャグで多くを語っても意味ないし、デラが強烈すぎて他の印象が薄くなるのは仕方ないよね。

原作有りの作品も色々あるが、誰にでも勧められるのは「まおゆう」以外にない。戦争の向こう側を描くなんて、非常に深くて考えさせられる。

これ以上はめんどくさいので、紹介は終わりにしよう。四月からは超電磁砲が始まる。禁書目録の映画も公開中だし、鎌池和馬ワールドに注目だ。
久しぶりの更新がこれって……後で年末の挨拶をしようとも思ってるが、まずは感想を。

発表当初から楽しみにしていた「さくら荘のペットな彼女」は、原作を読み込んでいたにもかかわらず感動してしまい、非常に満足している。まだまだアニメも続くようなので、次期も楽しみである。にゃぼろん、何気に面白そう……。

今期一番の話題作であろう「中二病でも恋がしたい!」も非常に面白く、大いに笑わせて貰った。

全くのノーマークだった「ガールズ&パンツァー」も手に汗握る戦いでわくわくした……面白かった。なのに……なぜ最後までやらんのだ。総集編でお茶を濁すし、嫌がらせとしか思えん。それだけ気になるのも良い作品だからなのかも。あー、続きが気になる……。

その他にも、ジョジョの演出が原作に忠実で笑えたし、リトルバスターズ!、となりの怪物くん、マギ、ロボティクス・ノーツなどや二期・三期の作品達と面白い作品が多かった。一月からどんな作品が始まるのか楽しみで仕方ない。
10月に突入したので、7月期のアニメを振り返ってみる。今回はなかなかに良作揃いで、十分に楽しめた。その中でも一番にお気に入りなのがこれ。

「ソードアート・オンライン」
VRのゲーム空間に閉じ込められたプレイヤーが、自らの命をかけてクリアを目指すデスゲームだ。その世界の中で懸命に生き続ける人々を描く。物語の主軸はデスゲームではなく"人"。キリトとアスナの物語なのだ。アインクラッド編はいよいよ佳境に至り、思いもしない結末へ向かう。その後のフェアリィ・ダンス編でようやく色々と謎が解けるはずだ。そして、ユイとリーファの活躍が今から楽しみだ。

放送前からずっと楽しみだった「DOG DAYS'」は予想以上に面白かった。気になっていたお気に入りキャラのレベッカも大活躍。出力と機動性は随一で、最強なのではと密かに思っている。異世界召喚物では珍しい明るい本作。そのゆるいノリは好みが分かれるだろうが、気楽に見られるのが良い。女の子は可愛いし、大人達は格好いいし、戦闘も派手でわくわくする。ただ、レベッカの立ち位置がいまいち分かり難い。幼馴染みは複雑なのだろうか。

その他の作品も、ギャグ有りシリアス有りと挙げればきりがないのでこの場では省かせて貰おう。

10月から楽しみなのが「さくら荘のペットな彼女」。原作が好きなのでどう映像化されるのか期待している。予告映像を見る限りはいまいちな感じ。逆に予告映像で期待が高まっているのが「中二病でも恋がしたい!」だ。何だかとっても楽しそう。他にも楽しみな作品が目白押しで、年末まで退屈せずにすみそうだ。
今年ももう半年が過ぎ、後半に突入。というわけで、4月期のアニメの感想でも。

前期も色々と面白い作品が満載だった。その中で一番のお気に入りは「氷菓」だ。大した事件も起きぬが、不思議と洗練されたミステリーに魅了された人も多いはず。奉太郎とえるの「私、気になります」のくだりが何ともおかしくて見てしまった。えるさん、その距離感、誰でも勘違いしますよ?

他には、「あっちこっち」ではとても癒され、「這いよれ!ニャル子さん」や「これはゾンビですか」では大いに笑い、「エウレカセブンAO」では悩ませられ、「アクセルワールド」では熱くなり、「黒子のバスケ」では笑えばいいのか熱くなればいいのか戸惑い、「さんかれあ」ではぞわぞわし、「聖闘士星矢Ω」や「宇宙兄弟」も面白くて、本当に楽しませて貰った。ついに完結の「Fate/Zero」は前作以上に面白くて、考えさせられる作品に仕上がっている。

7月からもいくつか楽しみな作品がある。一番は「DOG DAYS'」だ。見所は色々あるが、はたして今度こそベッキーの活躍があるか、はたまた勇者シンクをめぐる争いが勃発するか気になるところだ。はてさて今期はどうなることやら。
HOMENext ≫
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
やっちん
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1981/01/19
趣味:
アニメ鑑賞 ゲーム 読書
自己紹介:
難病筋ジストロフィーを病気に持ち、専門病院で療養している。というと可哀想に聞こえるが、テレビやパソコンを自由に出来るため、楽しく生活している。そのため、趣味に事欠かない。
体力的、機能的に制限があるので本当の自由とは言えないが。
フリーエリア
最新コメント
[03/02 タムタム]
[10/29 やっちん]
[10/27 でばねずみ]
[06/23 サメ]
[06/03 サメ]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) やっちんの生息日記 All Rights Reserved